猫好き 旅好き 写真好き


by asbeautifuldays
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イスラエル 入国編

イスラエルに行くにあたって、治安よりも何よりも心配だったのがイミグレーション。
周辺アラブ諸国から総スカンのイスラエルは、そのスタンプがあるとシリア、レバノン、イエメン等に行くことができません。
同様にイスラエルへの入国も、それらの国の渡航歴があると必然的に厳しいものに。。。
そしてもっと厳しいのが出国審査。入国できたら安心、という訳でもないらしい。

んで、色々調べたところ空路IN陸路OUTが比較的ユルイとの情報をゲットしたため、
そのまま陸路でエジプトへ抜けることに。
エジプトは当初おまけでしたが、とても楽しめたのでこのルートにして良かったと思ってます。

ルートが決まったところでチケット手配。
オープンジョーで空席があったのは大韓航空のみ。そこには全く不満はなかったのですが
到着が22:00過ぎ。イミグレ所要時間、空港からエルサレムまでの時間を加味しても
ホテル到着は深夜。選択肢は二つ。①空港で朝まで待つ ②そのまま行く。
この老体で朝までベンチはちょっと・・・という理由から②を選択。

一応、ホテルも予約して治安も調べての決断です。
ですがやっぱり怖い。。。

結局出発前はこの二つの懸念材料が不安で不安で・・・

そして迎えた入国審査ですが、案の定別室送り(苦笑)。
やっぱり、過去の渡航歴が問題らしくパスポート見ながらなんでシリア行ったの?イエメンは?イランは?・・・ほかにイスラエルではどこに行くか、何日間いるか、エジプトではどこにいくか等。
あとなぜか父親の名前や私の職業、電話番号メールアドレス等。
その後解放された後も別なオフィサーに捕まり、同じような質問をされまた違う部屋へ。
そこで荷物チェックを受け、最終的に解放されたのは1時間後でした。
まあ1時間なら想定の範囲内だったので思ったより厳しくなかったかな?
あと、パスポートにスタンプを押す際にどうする?(別紙に押す?)って聞いてくれました。
私の場合、入国のスタンプがなくてもエジプトの入国スタンプでイスラエルへの渡航がばれてしまうので開き直って記念にもらうことにしました。

それからシェルート(乗り合いタクシー)でエルサレムへ。
旧市街の中にあるホテルだったので、車は入っていけず途中で降ろされ歩いて城壁の中へ。
兵士やポリスがいたので、安心といえば安心だけどやっぱり怖かった。
しかもホテルに着いて何度ブザーをならしても誰もこないし!
最終的に眠そうな目をしたおじいちゃんが扉を開けてくれて、無事チェックイン。
時計は深夜2時。その日はシャワーも浴びずにそのまま泥のように眠りました。

泊まったホテル
HEBRON HOSTEL(旧市外ダマスカス門から歩いて3分くらい)
シングル(バス・トイレ共同)160NIS(3900円) 高い!!

e0044071_20351788.jpg

翌朝、起きたらこんなラブリーな子猫が!
このホテル、猫がたくさんいて良く部屋に入ってきました。
[PR]
by asbeautifuldays | 2010-10-03 20:37 | イスラエル