猫好き 旅好き 写真好き


by asbeautifuldays
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

乳がん検診 再検査の巻①

e0044071_2001779.jpg
子宮ガン検診は去年から受け始めた私ですが、乳がんの方はまだ大丈夫と、根拠のない自信から受けたことがありませんでした。でもちょうど会社の健康診断のオプションに乳がん検診があったため、これはチャンスと受けてみたところ結果は←。要精検ですって。エコーを受けた時に真っ黒い影があったので覚悟はしていましたが、改めて結果を見ると流石にびびる。。。
このまま放置というのも恐ろしいので精密検査を受けに行ってきました。

調べたところ嚢胞というのは中身が水で良性だそうです。ひとまず3つのうち1つはシロかしら。





再検査は検診を受けた診療所でやるように、と書かれていたけれどそこには外科がありません。イコール専門医がいないというわけで。やっぱり診て貰うからには専門医に診て貰いたい私は乳腺外科のある大学病院へ行くことにしました。ちなみに婦人科もそこ。

大学病院で初診だと相当待つだろうな、と覚悟はしていましたがやっぱり待たされました。1番最後です。で、ようやく私の番になり診察。先生は男性でした。問診のあと座った状態で触診。特に触診後にコメントはなく、とりあえず検査しましょうという事でマンモグラフィとエコーをすることに。マンモは今日撮れるけど、エコーは予約制なので月曜に出直す事になりました。ほんとは1日で終わらせたかったけど。。。

さて、ドキドキのマンモグラフィです。もともと検診の際、マンモが嫌でエコーを選択したのに結局受ける羽目になるとは。。。とほほ。とにかく痛いと評判のマンモですが、個人差があり痛くない人は痛くないのだとか。私は痛いだろうな。昨晩試しに両手でぎゅーっと挟んでみたら痛かったし。
レントゲン室の前の待合室には殆ど人がおらず、直ぐに名前が呼ばれる事が予想されましたが待てど暮らせど呼ばれない。結局呼ばれたのは1時間後。どうやら病院側の配慮で女性の技師さんに担当させようとしたものの、なかなかつかまらなかったらしい。別に男性でもいいのに、と思いましたが終わってみてやっぱり女性で良かったと思いました。

マンモグラフィとはおっぱいを板で潰して平らにして上と横から撮影するレントゲンの事です。
やっぱり痛みは半端じゃなかった。まず技師さんに乳を鷲掴みにされ引っ張られ(なので女性がいいです)そのあと機械でムギューーーーっと潰されます。やっぱり痛い、ほんとに痛い!
「い、いたー・・・い」と思わず声が漏れる。「あー、痛いですよね。でも頑張りましょうね。はいリラックスしてふーふーふー(息を吐くまね)」なんて言われても、ふーふーどころか胸が圧迫されてる為息ができない。これをあと3回やるかと思うとほんと泣きたい。結局撮り直しもなく無事撮影は完了したものの、着替える時に胸をみたらまっかっかでした。少しでも痛くないように生理直後を狙って行ったけど、これが生理前だったらと思うと恐ろしい。痛みで気絶してたかも。

今日の検査はこれで終わり。残るはエコー。そして検査結果は再来週。長いよ・・・
ちなみにいわゆるしこりというものはなく、なので胸の中に何かがあるという実感はなく危機感もないのですがとにかく早く安心したい!

つづく
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-03-14 21:21 | 病院・病気