猫好き 旅好き 写真好き


by asbeautifuldays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:イラン( 8 )

なぜかイランで大人気

アラブでは子供達やおじさんが写真撮って撮ってー、と寄ってきます。
でもイランでは写真撮らせて撮らせてー、と寄ってきます。

イランでは私達日本人は芸能人並の人気です。
もともと日本人が好きらしいのと、今イランで放映している「ジュモン」とかいう韓国ドラマの人気も手伝い
行く先々で囲まれます。
行動を共にしてた日本人男子の二人が、そのドラマのキャラに似てなくもないため
どこへ行くにもジュモーン、ジュモーン、といたるところから聞こえます。
昔「おしん」もOAされていたため、たまにおしんとも呼ばれます(特に年配の方)。

e0044071_21142252.jpg

私達の姿をみるや、大興奮の子供達
e0044071_21151817.jpg

一度囲まれるとなかなか抜け出せない。
「一緒に写真撮って」、「サインして」から隠し撮り、挙句の果てには動画撮影までされる始末。
子供から大人までまんべんなく。ファンサービスで日が暮れる事もしばしば。でもまんざらでもない。

しかしこの人気の一方「チンチャンチョン」と中国系をバカにする言葉もよく言われました。
中国人と日本人の違いがわからないのも無理ないけど。でも腹たつ~。



余談ですが、無事帰ってきたからいいかな、と母親にイランに行ってきた事を発表しました。
案の定「アンタはなんでそういうとこばっかり行くのよぉ~」と嘆いてましたが、
そのあと「貯金しなさい」「いつまで一人でいるの?」と予想外の攻撃を受け、やっぱり親に話すのは
止めようと思いました。
[PR]
by asbeautifuldays | 2009-05-14 21:57 | イラン
帰国してからずっとお腹の調子が悪いです・・・すごく。
生水がぶのみしてたからかなあ。。。


e0044071_1213133.jpg

かつて世界の半分とうたわれたほど栄えたペルシアの都、エスファハン。
このエマーム広場全体がまるで美術館。あまりの美しさに息をのみます。
e0044071_1235356.jpg

e0044071_1252464.jpg

モスクの入り口
e0044071_126760.jpg

モスクの中
e0044071_2319387.jpg

ソフトクリームもイラン一ウマイ。

エスファハンは美しいだけでなく居心地もよく、時間が許せばもっと滞在したかったなあ。
[PR]
by asbeautifuldays | 2009-05-10 01:44 | イラン
今日目が覚めて、まだ7時くらいかな?と思ったら12時過ぎてた・・・時差ぼけ?
明日やばいなー・・・

さて、忘れる前にイラン情報。これから行かれる方の参考になれば幸いです。

■物価  安い。金銭感覚崩壊です。
 ・500mlのお水 ~20円 ・アイス(ソフト)クリーム 30~50円 ・シュークリーム20円 ・パン 2円 
 ・レストランでの食事 250~400円
 ・チャイ 道端 15円、チャイハネ 60円 
 ・タクシー 市内からバスターミナル、空港まで 200円 ・長距離バス 6時間 600円(ジュース、お菓子つき)
 ・市内バス 5円くらい? 
 ・施設入場料 ~50円(イランは外国人料金が廃止された為どこも安い)
総じて安いですが、ホテル代は上昇傾向にあり、歩き方に載っている値段より1.5倍程上がってました。

 ※イランの公式通貨はリアルですが、実際多く使われているのがトマンという単位。これがかなりややこしく、
  最初に確認しないとえらいことに。

■治安 良い(と思う)。
 今のところ、主要な都市に危険情報はでていません。日本にもいるように、スリやひったくりは普通にいます。
 シラーズで会った日本人のコが宿で パソコン盗まれました(その後無事戻ってきたとのこと)。
 情報ノートをみると、睡眠薬強盗もいるみたいです。
 イランはクレジットカードが一切使えなく、旅行者は多額の現金を持ちあるいているため狙われ安い。
 しかもイランは他のアラブの国々と違って窃盗は大した罪にならないようです。アラブでは腕をきられるのに!
 なので アラブ圏より警戒レベルを上げて行動しました。

 ちなみに私はスリ等の被害にはあっていませんが、痴漢にあいました。。。

■シーシャ(水タバコ)
 現在ほとんどのチャイハネで水タバコは禁止されています。体に良くないからという理由らしい。残念。
 私たちはこっそりホテルで吸わせてもらいました。

■トイレ事情
 基本アラブ(?)式。外国人が泊まるホテルは洋式、アラブ式両方あり。
 イラン人はきれい好きで、トイレはどこもきれい。
 また他の国は大体バケツに水を入れて流すのですがこちらはホース。これは助かった。。。
 未だにイスラム式の紙を使わず水で洗うというトイレ作法(?)ができません。
 手動ウォシュレットと思えば出来なくもないと思うけど。
 100円ショップで買った水に溶けるティッシュを持参しそれを使用してました。
 トイレットペーパーはかさばるので、かなり重宝。

■その他感じたこと
 イランはイスラム色が濃いものの、思ったよりオープン。でも主義が一貫していないように思えます。
 市内バスや空港のセキュリティーチェックは男女別なのに、長距離バスは一緒とか、ドミも男女共同とか。
 
 また、女性の地位は決して低くない。普通に社会進出しているし、車の運転や一人で行動している人も多い。
 宗教的な服装をしている女性も多いですが 普通の格好の人も多い。細身のジャケット、ジーンズ、ハイヒールに化粧
 ばっちり。
 他の国ではご法度の写真も撮らせてくれるし、好奇心旺盛で積極的に話しかけてきます。
 なので異教徒にまで髪をスカーフで覆う事を義務づけているのが何となく不自然。
 このスカーフが面倒で、部屋にシャワー、トイレが付いていない安宿は、いちいちスカーフをしていかなければ
 ならず結構ストレスフル。
 イラン人女性に聞いてみたら「ぶっちゃけ、嫌い。でもそういうカルチャーだからしょうがないわね」だそうです。
 いつか女性の指導者に立ち上がってもらい革命を起こしてもらいたいものです。なんでもイラン革命前はミニスカート
 OKだったらしいから。

 性に関しては他国同様閉鎖的です。レストランで英語で下ネタを話していたら、英語を解するイラン人に注意されまし
 た。。。いや、日本でも公衆の面前では話さないか。
 禁欲を強いられている為、異教徒が性の捌け口にされているのはイランも同じ。
 禁欲はイスラム教で納得できない事のひとつ。
 

■泊まったホテル

 マシュハド・・・ビービー・ナフィーセ シングル バス・トイレ付き 80000リアル(800円) 
        英語全く通じません!!あと壁が薄すぎ!!

 シラーズ・・・VILA HOTEL (バス・トイレ共同)ザンド通り沿い。エラムホテルの向かい。 
         歩き方掲載のアンヴァリーホテルに行ったものの満室でここを紹介された。
        シングル150000リアル(1500円)。高いだけあって、清潔で居心地がよい。受付のお姉さんが美人。

 ヤズド・・・シルクロードホテル ドミトリー(バス・トイレ共同) 50000リアル(500円) 情報ノートあり
        中庭が超素敵。食事もおいしい!猫もかわいい!!!

 エスファハン・・・アミーレキャビール ツインシングルユース (バス・トイレ共同)130000リアル(1300円)
                朝食つき(ありがたい!)情報ノートあり 有名なパッカー宿。中庭あり。

 テヘラン・・・メフルゲストハウス シングル デイユース(バス・トイレ共同) 100000リアル(1000円) 情報ノートあり
       宿泊しなくても120000リアルと言われたものの値切って100000に。部屋もお風呂も清潔! 

e0044071_14231977.jpg


情報ノートより。FM3A 450ドルって安いの?
[PR]
by asbeautifuldays | 2009-05-06 14:31 | イラン

帰国しました

イラン大冒険の旅から帰ってきました。
楽しかった!!!
最初は話し相手がいなくて寂しくて死にそうでしたが、途中でまた様々な出会いがあり
とてもいい旅だったと思います。


イランは一言でいうと、高いホスピタリティーと圧倒的な建築美。
中東の人々は基本的に親切ですが、イラン人は特に。
困っているとどこからともなくやって来て、あれこれ世話を焼いてくれた後いつの間にかいなくなる。
アラブ圏だとお金目的のために親切にしてくる人がいましたが、イランは皆無でした。
ぼったくりも激しくないし(あるにはある)。モロッコの10分の1かな。

それからモスクをはじめ建築の美しさ。圧倒されました。写真早く現像して見せたいです。


あと、イスラムを体感できるのもイランならではかなあ。
イラン最大のシーア派の聖地では、周りの激しさにただ立ち尽くすだけでした。
愛おしそうに壁や床にキスをして、聖廟の前では泣き叫ぶ。
私はチャドル(という名のただの布)がずれないよう、必死でおさえるのに精一杯(少しでも髪が見えると怒られる)。
カメラ持込禁止なので、写真は撮れませんでした。

※マシュハドのハラムはチャドル着用が義務付けられています。持っていない人はレンタルできるので、買う必要はありません。

とまあ、これまで訪れたアラブとの違いが色々あって面白かったです。
アザーンもアラブとは違ったし。
残念なのが、割と都会で異国情緒があまりない事。
旧市街もないし”カオス”を求めてるとちょっともの足りないかも。
撮った写真の数が、これまでより圧倒的に少ないのもそのせいかもしれません。

e0044071_14251088.jpg

[PR]
by asbeautifuldays | 2009-05-05 14:26 | イラン

入国しました

無事イランビザゲットしました。申請用紙にイランのスポンサー名を書く欄があり、そこはManager at ○○ Hotelと書きました。まえに並んでいた人が、(おそらく)それについて質問されていて冷汗モノでしたが、私にはノークエスチョンであっさり支給。が、なぜかわたしだけぜんぶの指の指紋をとられました。

さて、私は今マシュハドというイスラム教シーア派の聖地に来ています。日本人どころか観光客が一人もいません。そして英語が全く通じず・・・。そこで大いに役立っているのがペルシャ語の指差し会話帳。これのおかげで何とかコミュニケーションがとれています。これからイランへ行く人は絶対持っていった方がいいです!


イランの旅は始まったばかりでこれから何が起こるか分かりませんが、安全で楽しく旅できる事を祈りつつ ・・・
ではでは。

補足です。
ビザ代は65ドル。が、後に会った日本人は70ドル払ったとのこと。
レートの関係なのか、日によって違うみたいです。

絶対に取れるとは言い切れませんがご参考までに。
[PR]
by asbeautifuldays | 2009-04-25 17:34 | イラン

いよいよ

来週の今頃はイランですよ。

なんとかぎりぎりイランの国内線の手配も済みました。
希望通りのスケジュールではなかったので、とりあえず現地入りして
変更できそうなら変更してみようかと。
現地で購入してもよかったのだけど、取れなかった場合ルート変更を余儀なくされるので
やはり多少高くとも予め取って置いた方が安心。

イランは女性の服装に規制があって、髪と体型を隠さなければなりません。
とりあえずストールとスプリングコートを購入。ホテルの部屋以外はずーっとこれ。ある意味楽?
荷物はいつもより少なくてすみそう。
カメラはAria+コンデジ。Ariaの電池をコンビニに買いに行ったのですが、今は売ってないのですね。。。

旅費はとりあえず飛行機、滞在費、もろもろで15万以内にはおさまる予定ですが、出発日が給料日前日
なのがイタイ・・・   

あー、あとはビザだな。こればっかりはインシャーアッラー・・・
無事入国できて楽しく旅ができますように!!
[PR]
by asbeautifuldays | 2009-04-19 12:00 | イラン

イランビザ

イランを目指す上で、必ずぶち当たるのがビザの問題。
2009年4月現在、日本のイラン大使館は個人の旅行者に対して観光ビザを発給しないと明言しており、
ビザ取得のルートは旅行代理店に限られます。がそれぞれ言う事が違う・・・

最初に電話した代理店は「イランビザなんて今おりませんよ!」アンタ何寝ぼけた事言ってんの?
みたいな感じで言われ、凹みました。
二社目は2万5千円プラス1泊目のホテル(1万以上)の手配が条件。でも取れる保証はなし。
なんだか消極的であんまり感じは良くありません。
三社目はビザと同時に、申請許可証?的な(忘れた)ものも必要となるため手数料は3万円。

おそらく確実に取れると思われるのは三社目の会社なのですが3万て。簡単に払える額ではありません。

とりあえず一旦保留にしてネットを漁ってみると、アライバルビザなるものが現地で取れるとの情報が。
ただそのあたりの情報も錯綜し、指紋をとられただの、イランの連絡先が必要だの、いや、何も
必要なかったし、何も質問されなかっただのてんでばらばら。
どうやら、ビザ発給担当者の裁量に任されているようで、はっきり言って運。
なんだかんだで、今のところ殆どの人に発給はしているようなので日本で取得はせずに現地の空港で取ろうと
思うのですが、断られた人も少なからずいるようでやっぱり不安。
男性と一緒だとおりやすいとの話もあるので、同じフライトに男子がいる事を願うばかり。
色々な情報に振り回され、行く前から消耗気味。

どこの国も観光客誘致に積極的なのに、ここまで拒む国ってなかなかないよねえ・・・
[PR]
by asbeautifuldays | 2009-04-03 12:56 | イラン

ご無沙汰しております

大変ご無沙汰しております。
気がつけば8ヶ月も更新しておりませんでした。。。
もともとマメな性格ではない事もあり、いつの間にかblogを書くという行為が
日常から抜け落ちておりました。

さて、なぜ急に更新したのかというと、今年のGWの旅行の事です。
行き先はイラン。チケットも確保し、情報収集に励んでいる毎日ですがとにかく情報が少ない。
しかも流動的で半年前できた事が、今は出来ない事がしばしば。旅行会社も言う事がバラバラ。
mixiですら、満足できる情報は得られませんでした。

そこで貴重な情報源となったのが、直近旅行された方のblog。
生の情報がてんこ盛りで、かなり助かりました。
なので少しでもこれから行く方のお役に立てればと思い、ここに準備段階から詳細を記していこうと思ったのでした。

ちなみに旅程は・・・

4/23 夜関空発→ドバイ→
4/24 →テヘラン→(国内線で)マシュハド
 ・
 ・(マシュハド、シラーズ、ヤズド、エスファハン、テヘラン)
 ・
5/3 夜 テヘラン発
5/4 夜 日本着

エアーはEK。国内線はイラン航空利用者のみとれるとの事でしたが
ビザの代行を行っているソフィアという代理店に問い合わせたところ、手配可能との回答を頂きました。
値段はテヘラン→マシュハドで¥8,000ちょい。
もちろん現地で手配したほうが安いのですが 満席の場合を考えると、日本で手配したほうが安心かと。
時間に限りのあるリーマンパッカー、時間は金で買う!他の路線は現在確認中。

旅程かぶる方、現地でお会いしませんか。
同じフライトの方、一緒にビザ申請しましょう(男性歓迎)。

(つづく)
[PR]
by asbeautifuldays | 2009-03-30 21:13 | イラン