猫好き 旅好き 写真好き


by asbeautifuldays
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:NikonD50 ( 13 ) タグの人気記事

花火そして猫に癒される

e0044071_2001142.jpg

連日暑い日が続きますが如何お過ごしですか。
今年も多摩川花火大会に行ってきました。今年は川崎側と東京側両方から打ち上げられとても豪華。しかし、あの殺人的な人ごみは脅威でした。涼しかったから良かったものの暑かったら死人がでてたかも。私はフェンスを乗り越えバリケードを突破し、なんとか帰ってきましたw




------
まったく花火とつながってないけど
ぬこーーー!
ふちゃぎものがたり
エリザベスたんがやってきた
かーわーいぃぃいよぉおおおおおwwww
仔猫のかわいさは異常です。毎日骨抜きにされ廃人状態です・・・

YouTubeでエリザベスを見て以来ふちゃぎファミリーの虜。
回を重ねるごとにはまっていってます。
エリザベスと飼い主さんの出会いはまるでナウシカとテト。ちょっと感動。
二人とも良い人に拾って貰って良かったよ・・・

有名らしいので知ってる人も多いかな、猫好き動物好き必見。

ブログもあるよ。ふちゃぎん家
今度DVD付き写真集が発売になるそうです。ええ、買いますとも。
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-08-20 20:17 | 雑記
e0044071_1949388.jpg

なんと8世紀から砂漠の中に建っている泥で出来た高層ビル群、シバーム。
世界遺産にも登録されており、イエメンと言えばここ、てな感じでパンフレットには必ずといっていいほど載っています。サナアからは飛行機で1時間。私はフライトスケジュールの関係で、一度ムカッラという海側の都市まで飛んでシバームまでドライブ。
(当初は陸路でシバームまで行く予定だったんですが、出発直前にテロ。陸路だとこのテロがあった場所を通過する為直前に空路に変更しました。)

イエメン東部は北部サナアと違って荒涼とした砂漠地帯。気候も人もまるで違う。
アフリカが近いせいか住んでる人もアフリカ系。ここはアフリカか?となんども錯覚。

さて肝心のシバームはふーんって感じw
実は「期待はずれ」という言葉を行く前にちらほら聞いていて、全く期待していなかったのですが確かに期待していくとちょっとがっかりするかも。。。
しかも暑くて。。。ドバイほどじゃないけど暑い。街の中に入るとまったくの無風で臭くて埃っぽくて、早速サナアに帰りたくなってしまう。
e0044071_20232140.jpg


だけど丘の上に登った瞬間印象が逆転しました。とてもいい景色。
夕日を浴びたシバームが美しいとされているけど、私は日が落ちた後の方が美しいと感じた。ぽつぽつとライトがつき始めミナレットからは一斉にアザーンが流れる。
心地いい風を受けながらひたすらボケーっと景色を眺める。気が付いたら2時間も経ってた。。。早朝(夜中)のアザーンは勘弁して欲しいけど、ここで聞くアザーンはなんだかとても神々しい感じがして、今自分は異国にいるんだという事を改めて感じました。
e0044071_2059436.jpg

※(そういえば)アザーンというのは礼拝の呼びかけの事です。ミナレットはモスクに付随する塔の事。
これがアザーンです。興味のある方は大音量でどうぞ。改めて聞くと鳥肌もん(私だけ?)
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-08-04 21:23 | イエメン

灼熱(地獄)のドバイ

e0044071_20205475.jpg
イエメンちょっと休憩です。今日は気分を変えてドバイレポ。長文です。
私がドバイ経由でイエメンに行くと言った時、周囲の人たちは良く「イエメンは嫌だけどドバイは行ってみたい」と言っていました。アラブ最貧国のイエメンに対し、オイルマネーで潤いまくっているリッチなドバイ、帰りに半日あったので、サナアで知り合ったTくん、JさんNさん夫妻とちょこっと観光。
機内のアナウンスではこの日の気温摂氏38度。夏のドバイは50度まで上がると聞いていたので、「思ったより暑くないねー」なんて言いながら両替を済ませいざ空港の外へ。出るなり全員で「無理ー!!」と叫んでた (冷静に考えてみれば38度でも十分暑いんだった)。しかし暑さよりなによりびっくりしたのが湿度。体が一気に濡れる感じ?とにかく過去に体験した事のない暑さにびっくりして一斉にタクシーに乗り込む。ひとまず外をぶらつく、というのは不可能なのでまずはあのゴージャスホテル、バージュアルアラブを目指す。

車窓からの風景は都会そのもの。しかも殆どのビルが建設中で、一体どんだけ金持ちなんだ?イエメンとのあまりの違いに戸惑いを隠せないのでありました。。。
e0044071_20524332.jpge0044071_2053624.jpg















さて、憧れ(?)のバージュアルアラブ(↑写真右)。着いたはいいけど結局入れてもらえませんでした。ゲートにいたガードマンは「予約がないと入れない」の一点張り。茶だけでも無理なのか~と食い下がって見たものの取り付くしまもありゃしない。絶対自分達が貧乏くさい格好しているからに違いないと決め付けて次の行き先を話し合う。(※帰国後調べたら本当にお茶をするにも要予約らしい)
事前に調べとけよって感じですが、とにかくイエメンで精一杯で誰もドバイの事を調べてこなかったというのが笑える。もしかしたら帰れないかも、という気持ちもあったのです。
私もスパだけは予約したものの、いつキャンセルしてもいいようにスパの電話番号は携帯してました。

木陰で地球の歩き方をめくってる間にも大量の汗が滝のように。とにかく涼しいところへ!という訳でショッピングモールへ。

モールは特筆すべきものはなし。
スキー場があった以外は(笑)しかもターバン巻いて滑ってるw
中はもろアメリカのコピーって感じでお店も日本にあるものばかり。しかも金銭感覚がイエメンのままなので全てが高い!
それにしてもモールにいるお客さん全員が裕福そうで、アバヤにしても赤やゴールドの模様が入っていたりととにかくゴージャス。しかも非ムスリムの女性はノースリーブのワンピースだったり、イスラム圏とは思えない露出の多さでイエメン帰りの私達にとっては超刺激的。動揺しまくりでした。

結局ぐるっと一周した後スタバでお茶して、夕方に皆に別れを告げ私は一人アンサナスパへ移動。
今回予約したのはフェイシャルとボディートリートメントのパッケージ。
受付を済ませるとウエルカムドリンクのサービス。館内はアジアンリゾートちっくでアロマオイルのいい香り。早くも優雅な気分に。
しばらくするとセラピストのインドネシア人の女の子が呼びに来て至福の90分がスタート。
e0044071_21352742.jpg
実はバリでスパに行った際、思いっきり肌がかぶれてしまったのでちょっと怖かったんですが、終わった後は全身つるつるしっとり。マッサージも気持ちよくてついついうとうと。まるで気分はお姫様。夢のような時間でした・・・
仕上げにこの後の乾燥地獄フライトに耐えられるようにローションをたっぷり塗って貰い、終わった後ハーブティーをいただいて終了。たまにはこんな贅沢もいいかも。ちなみにお値段約1万5000円也。

外に出ると既に真っ暗。でも相変わらず暑い~~!
写真撮ろうにも拭いても拭いてもレンズがくもる!

空港までの道中はまるで近未来のような景色。ライトアップされた高層ビルはSF映画に出てくる未来都市のようでした。だけど私は外の景色より超高速で上がるタクシーのメーターに釘付け。ドバイは初乗り¥90と日本より全然安いけど、上がるスピードが半端じゃない。お金が足りるか気が気じゃなかった・・・空港から近いスパにしときゃよかったよ・・・
e0044071_20282655.jpg


空港に着いた後はマックで夕食を食べ(これが現実)、お土産を物色してドバイのショートステイは終わったのでありました。

ドバイの印象はとにかくゴージャス。イスラム圏というよりイスラムテーマパークといった感じ。ラスベガスに雰囲気は似てるような似てないような。。。

戒律を気にする事無くお手軽にアラブを体験できて、ラグジュアリーなホテルに泊まって買い物三昧。日本からはダイレクトに行けて治安もよくて、タクシー乗ってもぼったくられない。真夏にスキーができて夜中の3時にアザーンで起こされることもきっとない(泊まってないのでわからないけど)。お酒も飲み放題だし、トイレもトイレットペーパー完備でもちろん流せるし、変な子供に結婚を迫られる事ももちろんない。そんな魅力に溢れた日本人に大人気のドバイですが、私は今後もトランジット以外では行かないだろうな。。。
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-07-31 21:30 |
e0044071_21154073.jpg

BurjAlSalamの屋上から

今日から社会復帰して溜まった仕事を片付けながらイエメン、サナアでの日々を思い返してみた。私は本当にあの街にいたのだろうか。なんだかすべてが夢だったような気がする・・・
そのくらいサナアは現実とかけ離れた街でした。

イエメンの首都、サナアにある旧市街は2500年以上も前から人々が生活する、世界で最も古い街の一つ。今も街並みは当時と殆ど変わらず、昔と変わらない生活を人々は送っている。

夢にまで見たサナアの旧市街。
実は最初はそれほど感動しなかったし印象はむしろ悪かったのです。
到着した日、私はバーバルヤマン(旧市街の入り口)からではなく、街の端っこから入場。
平日の昼間は人影もまばらで、雨季に突入したサナアは曇り空。しかも傍には勝手にガイドをする見知らぬ男。とにかく居心地が悪かった。
しかもそいつにランチを奢らされ挙句の果てにガイド料を請求される始末(まあ覚悟はしてたけど)。どっと疲れてホテルに戻れば激しい雨。時差ぼけで変な時間に目が覚めなんとか二度寝できそうだと思ったら、大音量で鳴り響くアザーン。う、うるさーーーい!!!

とまあ、旅の始まりは最悪でこの日の出来事がこれから先の事を暗示しているようで不安でならなかったのです。
ところがイエメン最終日には本気で帰りたくないと思っていたのだからほんと不思議。
他の旅人がそうであるように、私はどんどんこの街の魅力にとり付かれていったのです。

明日、ポジが出来るのでぽつぽつupしていこうと思います。

e0044071_2142463.jpg

最後に2泊したBurjAlSalamの部屋の窓から
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-07-17 21:46 | イエメン

ただいま。

昨日無事我が家へ帰ってきました。
1週間ディープなアラブの世界にどっぷりと浸かり、こうして戻ってきてみると
今まで普通だった日本の生活がなんだか新鮮だったりします。

イエメン、面白かった。これから写真現像に出してくるので、出来上がったらおいおいupします。

e0044071_11584375.jpg

写真は、デジ、銀塩合わせて1000枚くらい。デジのは・・・うーんイマイチかも(爆)
でもとりあえず子供の写真だけでフォトバックは作れそうww


****************************************************
とりいそぎ治安情報。
私が行ったサナア、サナア近辺、ハドラマウト地方は安全と言っていいと思います。
検問も少ない。でも現地で会った日本人のコはアデンからムカッラ(だったかな)へバスで行く途中パーミッションを持っていたのにも関わらず追い返されたそうです。
多分ツアーだったら平気だと思う。
サナアからサユーンまではもちろん飛行機で行くべきです。マーリブを迂回して陸路で行くコースもあるにはあるようですが。通常のマーリブ経由コースは検問が100くらいあるらしいので一向に辿り着けないと思われ。

とにかくあのテロ以降かなりナーバスになっているようで、個人で行くと追い返される可能性もあるので、これから行く人はツアーの方が確実かも。
現地へいけば安いツアーが沢山あります。

ちなみに両親へは「ドバイへ行って来る」と言って行きました。ほんとは「ドバイ行って来る」なんだけど。どうしても真実は言えませんでした。でも無事帰って来たから許してください。
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-07-16 12:22 | イエメン

浴衣美人2007 ②

e0044071_22131082.jpg

e0044071_22122669.jpg

浴衣は横顔が好きらしい(殆ど横からだった)。ちなみに着物はうなじね。

昨日は私も久しぶりに浴衣をきました。
もちろん自分で着付けなんて出来ないので、かわいい浴衣や下駄も借りつつchihoshさんに手伝ってもらって。浴衣ぐらい一人で着られるようになりたいわ。

和服って素敵だけど着慣れないとやっぱりくるしー。そしてあついー。
洋服に着替えた瞬間は、あまりの開放感になんだか裸でいるようで恥ずかしかったw

それと夏の撮影は虫除けスプレー必須ですわ。10箇所近く蚊に刺されました。まだかいかい。
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-07-02 22:37 | ポートレート

浴衣美人2007

e0044071_2354818.jpg

e0044071_23551048.jpg

e0044071_23544961.jpg

今日は浴衣を着る機会があり、用が済んだ後撮影会へ突入。
太陽の光がサンサンと降り注いでるように見えますが、ほんとはどんより曇り空。
うーん露出マジック!
使ったレンズが105mmのせいか寄り寄りの写真ばかり。
浴衣着てるんですがわかります・・・?


明日につづく
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-07-02 00:07 | ポートレート

結局一人旅?

e0044071_20455854.jpg

雲行きが怪しくなってきた・・・



イエメン行きですが、1ヶ月を切った今急に相方が仕事の都合でキャンセル。
残された選択肢は4つ。

①中止する
②延期する
③国内に変更(国内ならOKらしい)
④一人で行く

④だよね、やっぱ。。。(そうなのか?)
別に何の準備もしていなかったので一人になったところで困らないっちゃ困らないけど、
心の準備が・・・。先に書いたように、イエメンの女一人旅は厳しそうだし。。。
治安云々の問題ではなく(それもあるけど)、イエメンは戒律が厳しく女子一人旅なんてありえなーい、って感じらしいし(特に地方)。でも実際一人で旅された方のblogなんかを覗くと、とっても楽しそうではあったりする。
あー、あとお金の問題。ツアーに参加する場合人数が多ければ多いほど安くなる。一人だとかなり割高。ツアーメイトが見つかればいいんだけどね。

だ~れ~か~。一緒にいきませんか~
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-06-07 21:11 | イエメン

escape

e0044071_20264546.jpg

ナナメが好きらしい


e0044071_213257.jpg今年の夏の行き先が決まりました。
イエメンです。
かつて幸福のアラビアと呼ばれたアラブ一貧乏な国。
きっかけは世界中を旅してる人のサイトだったと思う。そこに載ってたサナアの旧市街がほんとに素敵で。その時はまだ候補地の一つだったけど、シリアで知り合った人の「すごく良かった!」という言葉であっさり次の行き先に決まりました。

今回も一人で、と言いたいところですがイエメンの女一人旅は結構厳しそうなので、二人旅となる予定。しかも場所によっては部族間の抗争に巻き込まれる危険があるため、ツアー参加が必須。だったら時間も限られてる事だし、効率よく周る為にも日本で手配して行こうと思い、現地の旅行会社にメールしてみたけどなしのつぶて。まあイエメンだし。アラブだし。期待してないし。結局無計画旅行になりそうだ・・・

とにかくあれこれ予定を立てるのが楽しくてしょうがない今日この頃♪
あと1ヶ月以上もあるけどね。
そして今回は経由地のドバイにも入国予定なので、そっちのプランも考えないと♪♪
きゃーっ。楽しみーーー!
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-05-21 21:10 |

rain drops

e0044071_20425417.jpg


More
[PR]
by asbeautifuldays | 2007-05-06 20:46 | photo lives